インターンシップがもたらす企業へのメリットとは:

新たな着眼点

  • インターンシップは組織や個人がSWOT分析をする際に有効です。
  • 解決困難な問題を新たな視点から捉え直す良い機会となります。
  • インターンを通じて得られる意見・質問は組織の改善・向上を図るための助けとなります。

補助的役割を担う人材を獲得

  • 煩雑な事務処理等を円滑に終わらせることができます。
  • 組織のチームにサポートしてくれる人材が参加すれば仕事の幅が広がります。

人材育成

  • メンター制度(キャリアアッププランや能力開発などを通じて新入社員の育成を図る)の強化に繋がります。
  • 高い能力をもつ人材がよりクリエイティブな仕事に就くことができ、より高度な戦略的・専門的な仕事が行えるようになります。
  • さまざまな文化を発見できます。
  • あらゆる問題に対応していく上で新たな方法を学ぶことができます。

グローバル化の実現

  • 組織がグローバル市場に参加するきっかけとなります。
  • 組織が世界的規模の視点を養うきっかけとなります。
  • グローバル化に順応するために必要な組織の現在のポジションを認識することができます。

企業の社会的責任(CSR)に留意

  • 企業の社会的責任を実践しようとすることは組織にとって良いきっかけとなります。
  • インターンの機会を提供することは仕事に対して明るい未来を実現することにも繋がります。
  • 将来グローバル市場で活躍する若い世代に日本の強み、企業の価値や目的を理解してもらうことに繋がります。

グローバル人材のリスク軽減

  • 短期間の実施から長期的な効果が得られます。
  • グローバル人材と企業がマッチしているかあらかじめ知ることができます。

低賃金労働者を活かす

  • インターンの報酬は正規雇用労働者よりもずっと低いですが、高いモチベ ーションを持っています。
  • 失業手当や退職金を支払う必要がありません。
  • 低コストの育成により結果として大きなプラスの効果が得られ、世界的視野をもって新たな感覚を身につけることができます。
  • インターンに投資することは金銭的な関心にとどまらず、最も重要なことはそれを通じてインターン生たちが社会的生活技能を身につけることにあります。
  • インターンへの投資はさまざまな形となってあらわれます。

インターンシップの経験から得られるものとは:

実際の実務経験

  • 教科書や学校の講義からは学ぶことができない貴重な経験をインターンに  よって得ることができます。
  • 企業の実務処理に携わることができます。
  • 企業の直近のニーズに応える実践的な体験ができます。

熟練者と交流

  • 経験豊富な影響力のある人たちと共に働くことができます。
  • 業界のリーダーから指導を受けることができます。
  • 仕事上の問題点や疑問点その他何でも相談に乗ってもらうことができます。

業界の分析

  • 選んだ業界が本当に自分にマッチしているか確認することができます。
  • 自分の強み・弱みを発見し、両者に対する対処の仕方を身につけることができます。
  • 多くの業務に挑戦するにつれて様々な義務を負うといった貴重な経験を積むことができます。

目標に向かって一歩踏み出す

  • インターンシップという貴重な体験を「楽しむ」ことが大切です。
  • インターン経験後、50%以上の人が正規雇用となっています。
  • 常に積極的に自ら行動する姿勢を忘れずにいましょう。
  • 誰にでもチャンスはあります。探すのではなく、自らがチャンスを作り手に入れるのです!

 


×
×

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. I understand